スキップ・ビート! Novel List

NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タ グ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete { display : none!important ; }

※尚、ユーザー タ グ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  スポンサー広告  

Edit] 

【 作品のご案内 】        --.--.-- ~  執筆

 スポンサーサイト 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.08.24 ~  執筆
バッグバンドの披露…にしては、やや長すぎた演奏に 聴衆が だれだしたころ舞台は 突然 一転した。七色のスポットライトが、一点に集中する。そのまばゆい光の中に 現れた人影。…彼女だ…!長い黒髪華やかな和服そこだけが きらびやかに輝いている!観客席が一気に爆発する。すさまじい歓声に包まれた!「おお!」「まあっ!」貴賓室の主役ご夫妻も 喜びの声をあげた。 シャーン…彼女の琴の響きとともに すっと客席は静まる...

 №14(side:久遠) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

花とゆめ  スキップ・ビート!  キョ  珍魚落雁  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.09.20 ~  執筆
「ふざけないでよ!ショータロー!」 観客やスタッフの前では 優しい笑顔を保っていたキョーコは 控え室で 二人っきりになったとたん 本性を露わに かみついた。 …このパターン…なんだか 久しぶりだ。 いっそ 新鮮で なつかし…「あんたってやつは~!こっちの世界でも ほんとに自己中なんだからっ!」 …がってばかりもいられない! おどろどろしく キョーコの背後に黒いものがわき始めてる! 「そう言われても…オ...

 №16(side: 尚) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  キョ  花とゆめ  珍魚落雁  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.09.22 ~  執筆
「佐久間和音さん…当時 18歳 音大ピアノ科…」 待ち合わせしてるレストランに向かう途中の車の中。 ショータローが語る情報を、必死にインプットしていく。「綺麗なお名前…音が和す…と書いて…かずね…さん…。」 いかにも 音楽家にふさわしいお名前だ。「ご本人も色白の上品な美人だった…ほら。」 不破さんが 愛用のギターケースのポケットから  パスケースに入れた 一葉の写真を取り出して見せてくれた。「…いつも…そこ...

 №18(side:京子) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  キョ  珍魚落雁  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.10.13 ~  執筆
「キョーコ!」 真っ青になってしまった キョーコの その細い腕を強めにつかんで揺する。  「…え?」「昔のことだろ?なっ!」「ご、ごめんなさいね!京子さん 私ったら…!」 佐久間夫人のあわてた声に ようやくキョーコも我に返った。「い。いえ。こちらこそ…失礼しました…。」 ようやく…という感じで 声を絞り出した。「申し訳ありません。妻が 失礼を…」 佐久間氏が いたく恐縮しきっている。 …その様子に はっ...

 №19(side:尚) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  キョ  珍魚落雁  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.10.14 ~  執筆
「おかえりなさい …?クオン? どうかした?」「幽霊でも見たような顔だぞ?」「あ。いえ。つい…楽しすぎて アルコールを過ごしてしまったようで…。」 案じてくださる大統領ご夫妻に なんとかほほえみを返す。「醜態をさらさないうちに 失礼させて頂きます。申し訳ございません。」「そう?そうね、ずいぶん ご気分お悪そうだし…」「またの機会を楽しみにしているよ。」 「光栄です。ぜひ。」 丁重にご挨拶を申し上げて席...

 №20(side:久遠) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ    尚キョ  珍魚落雁  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.10.15 ~  執筆
 超高級エステティックサロンの一角。 施術後、一泳ぎするように勧められた備え付けのプールの寝椅子でぼんやりまどろむ。 突然 頭上から声が降ってきた。「おはよう 最上さん」 …!? ここで…その名を呼ぶの…は? それに それに この声! おそるおそる…振り仰ぐ。「…!?敦賀さん!?」 黒髪 黒眼 私が知ってる『向こう』の敦賀さん!! …の 17年後…? 私が知ってる敦賀さんより たくましく精悍になっている…...

 №21(side:京子) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  尚キョ  珍魚落雁  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.10.20 ~  執筆
「卑怯者!」 ヤツが 俺の胸ぐらをつかんでゆさぶった。「最上さんが…貴様の眼に 責任感じてるの いいことに…。」 ぎりぎりと締め付けてくるその力に…まがうことない本気を読み取った。「結婚を迫るなんて!よく…よく!そんな卑劣なマネができるな!この恥知らず!!」「…無理強いした…わけじゃ…ない。」「断れるわけないだろう!?この状況で!彼女の性格で!」 オレの…ささやかな反論は、即座に 切って捨てられた。「お前...

 №22(side:尚) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  珍魚落雁  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.10.21 ~  執筆
「よく来てくれたね。最上さん」「こ、こんにちは」「久しぶり…というべきかな…。」 すっと その腰を抱きしめてほほに髪に口づける。「つ、敦賀さん!」「…ん?これが 俺達の挨拶だったろ?ずっと。」 口先三寸 うまく丸め込んで 強引にしつけた…ね。「そ、そう…なんです…けど…。」 最上さんは たちまち真っ赤にほほを染める。 そんな恥じらった顔が愛らしくて すごく 懐かしくて…ほほえましい。「やっぱり 17歳の君...

 №23(side:久遠) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.10.22 ~  執筆
「初めまして ノエラ・ツルガーネワです。お会いできて光栄です。不破さん。」「あ、ああ。こ、こちらこそ…。お食事のおじゃまをして…」 …なるほど…。 敦賀さんが あわただしく去ったのは こういうこと。 それにしても 準備周到! しっかり 言い訳できる身代わりまで!「とんでもない!京子様ばかりか 不破様とも お会いできるなんて!今日は ラッキ・デーですわ!」 敦賀さんに 頼まれたという 役者さん…さすがで...

 №24(side:京子) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.10.23 ~  執筆
「尚!」「悪かった 待たせて。」 何か言いたげな祥子さんにかまわず 目を閉じる。 祥子さんも それ以上は 何も聞かず 運転手に指示を出す。 醜態さらしてしまった…キョーコの前で… さぞや…心の狭い…疑り深い夫だとあきれてるんだろうな…。 『最上さん』は…! 『ツルガ』の名に 過剰反応した自分が 滑稽だ。 …わかっているからだ…。自分でも…。  本来 キョーコの相手は アイツだったと…。 あの“事故”さえなけれ...

 №25(side:尚) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.10.24 ~  執筆
「それにしても、解せませんわ…Mr.クオン」「なにが?」 ノエラ嬢から、今日の首尾を聞き出した最後に 彼女が 不思議そうに つけたした。「こんな手間かけるより 予約の時に 別の名前…いかにも 女性っぽい名前 お使いになればよかったじゃありませんか。」「一度だけなら そうしたさ。」 デスクの上から うっかり タバコをとりかけて…元に戻す。「あら?禁煙なさるのですか?」「ああ…」 キャビンを開けて、買い置き...

 №26(side:久遠) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.10.25 ~  執筆
「ええ。じゃあ 明日…」 敦賀さんと約束を交わして電話を切った。 敦賀さんから渡されたカード式の薄い携帯電話。 エナメルピンクに 白い羽の模様…。 小物一つでも…敦賀さんは 私の好みを外さない…。 こっちの世界の敦賀さんは…あまり 違わない…ようだ。 お兄さんのように頼りになる…優しい先輩だ。 外見は すごく…変わったんだけど…。 それに… あの人が…コーン! コーンなんだ!こっちでは!! …向こうでは…? ...

 №27(side:京子) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

花とゆめ  スキップ・ビート!  珍魚落雁  尚キョ  スキップ・ビート!  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.11.05 ~  執筆
「特別出演…ですか?」 夕食の席。 オレが切り出した話に 意外そうな返事が返ってくる。「カーネギーホールでの おまえの演奏が 相当 評判になってて」 …演奏の見事さに加えて 奏者が、『永遠の妖精』京子ときたら!「次のコンサートにも ぜひ、出てほしいんだそうだ…。」 興行主が とびついてくるのも当然だろう。「そう…ですか…。」「気が進まないなら 無理する必要は…」「いえ!出させてください!ぜひ!」「…いい...

 №28(side:尚) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

「アナザー・スキップ・スキップ・ビート!」
  降らずの雨  

花とゆめ  スキップ・ビート!  珍魚落雁  尚キョ  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2007.11.18 ~  執筆
「敦賀はん?」 診察室の外、ベンチいた俺に、不破の母親が驚いて声をかけた。 「まあまあ!もしかして、待ってくださってはったん?!申し訳おまへん!」 「不破君…は」「おかげさまで、命に別状ないそうですのや。これも、敦賀はんが、ヘリで手早う京都に連れてきてくれはったおかげどす!ほんま、おおきに!」 「いや!それより!あの…!」「キョーコちゃんも、かすり傷で…。あのあほも、クッションくらいには、役立ちました。」「…目…は?」...

 小夜時雨(side:R) 【降らずの雨 No.3】 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「アナザー・スキップ・スキップ・ビート!」
  降らずの雨  

スキップ・ビート!  花とゆめ  珍魚落雁  尚キョ  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2008.03.01 ~  執筆
いつも どんなときでも 君が そこにいてくれる切ない想いに苦しんだ日々 心の痛みに耐えてた日々も全てが 宇宙(そら)の彼方君は 今 ここにいる今こそ 永遠に誓うよ 君を 愛し続ける光が 優しく 包み込んでる 二人の未来を ことほぐように君が 俺の 光 君が 俺の 希望君が 今 そばにいる 2007年 12月20日  プリンセスキャッスルホテル フェニックスの間 ピアノにあわせて 優しく甘い声が響く...

 そっと耳打ち【降らずの雨 №16】 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「アナザー・スキップ・スキップ・ビート!」
  降らずの雨  

スキップ・ビート!  花とゆめ  珍魚落雁  キョ  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2008.03.07 ~  執筆
「いや!いやったらいや!絶対イヤ!もうもうもう 金輪際!二度とイヤ!!!!!」「なぁにを 今更!そもそも 最初 おまえが…」「いやぁぁぁぁっぁぁ!言わないで!絶対 それ 口走らないでぇぇえー!」 …ったく!「オレたちゃ 新婚だぞ?一緒に風呂はいるのなんか 当然の常識だろ?」 新婚じゃなくなったって やめる気はないが!「え。そ、そうなの?…」 一瞬 キョーコの反抗が止まる。「だ、だめー!せ、世間がそう...

 たまにはいいよね【降らずの雨 №22】  』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

  アナザー・スキップ・スキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  珍魚落雁  キョ  スキップ・ビート!  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2008.04.05 ~  執筆
「だんな様!」「…え?」「遠藤、遅くなってすまなかった…不破君 お久しぶりです。」 クー・ヒズリ! 60才目前のはずだが 相も変わらず 精悍でスリムな体型 この年でまだ アクションもこなせる いつまでたっても 年取らない コイツの女房といい ここの一家は こぞって 化け物ぞろいか!!「すまない…不破君!本当に…なんと…お詫びをすればいいのか…。」 ヤツが深々と頭を下げた。 渋い二枚目…な顔に苦渋の色がに...

 №46(side:尚)笑いあう夢を見た 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  遥かなるスキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  珍魚落雁  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2008.09.07 ~  執筆
「う…ん…」 体の下に 冷たく固い地面の感触を感じて あわてて跳ね起きた! …?! どこだ!ここは!! 周囲の状況が 一変している! 見渡す限り 荒涼とした野原…? あ ありえない! 今時 こんなに広々と 電線一本 見えない所なんか! 第一 俺達が歩いていたのは 東京の…! ひゅぅぅぅぅぅ~ …風が 冷たい…。 はたはたと 袖が 風になぶられていて… は?! 袖?! あわてて 自分のかっこうをみる! は、...

 遙か№2(side:皓) 天の青龍 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  遥かなるスキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  尚キョ  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2008.09.26 ~  執筆
「残る八葉は 後一人…いったい どこにいるんでしょう。」 マリア姫が 溜息をつく。「この一人だけが どうしても 所在をつかめないのです。」「別に…一人くらい いなくったって」「とんでもありませんわ!神子様!」 京子ちゃんの言葉に マリア姫が泣かんばかりに訴える。「木火土金水(もっかどごんすい)の理(ことわり)のうち、火の気だけが欠けているのです! これでは、事はなせません!」「赤い玉は 京の南に向か...

 遙か №16(side:皓)天の朱雀 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  遥かなるスキップ・ビート!  

スキップ・ビート!  花とゆめ  珍魚落雁  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2008.09.27 ~  執筆
「どういうことなのです!?尚!!」「…ですから…母上…。これには、事情が…。」「息子の許嫁のこと…初めて他人から聞かされて…! 取り繕うのに どれほど私が苦労したと思うのです! なぜ、このような 大事なこと 私をさしおいて!」「ま、まあまあ…おまえ…めでたい話じゃないか。」「いえ!あの!!父上…!」「あなたは 黙ってらして!」 温厚な親父が(見当違いとはいえ)とりなす声を おふくろは切り捨てた。「この子の...

 遥か №17(side:尚)探索 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  スパイラル・スキップ・ビート!  

花とゆめ  スキップ・ビート!  珍魚落雁  キョ  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2009.01.10 ~  執筆
「んんん~っ!!」 ! キョーコが 必死に背中に立てた爪の軽い痛みで我に返る あわてて唇を離した。「ふぇ、ふぇぇぇ~」「わ、悪かった。」 しまった! つい いつもより かなりディープなキスになってしまって…!「ごめん…な?」 あわてて、キョーコの目を覗き込む。 涙がいっぱいたまって 滴り落ちている。 心の中を恐怖が走る ばかっ! キョーコに嫌われるような キョーコを怖がらせるようなマネしてどうするん...

 「スパイラル・スキップ・ビート!!」№37(尚) 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。