更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11

【  2008年10月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

遥か №21(side:皓)隠形

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.01 (Wed)

 「みんな オレの周りに…。隠形の術をかける」 不破が すっと手元から一枚の紙切れを取り出した。 おんぎょう?「この家の人に見とがめられたら厄介でしょう?今回は あくまで極秘裏に…よ!」「あ。ああ…なるほど…。」 こそこそ 京子ちゃんとささやきかわしている間に 不破が なにごとか 唱え始めた。「おほけなく 浮き世の民に覆ふかな…」 ? どっかで聞いたことあるような… しゅおぉおおおおお 不破の声に合わせて...全文を読む

PageTop▲

遥か №22 (side:蓮)呪詛の種

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.02 (Thu)

 「地属性の敵なら 私たちの剣 今度こそ効くはず!たたきのめすわよっっ!!」「はっ!」 何とも勇ましい…。 不破殿の術で敷かれた落ち葉の絨毯の上を駈けて たどりついた 雑木林の奥。 地面から ぼこっとわきあがっている 不気味な土の手。 やたらに…でかい…!  親指だけでも 俺と同じくらいある…! 「袖ひじて むすびし水の凍れるを 春立つ今日の風やとくらむっ」 後からおいついてきた不破殿が 味方全員に迅速...全文を読む

PageTop▲

遥か №23(side:京子) 幼馴染

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.03 (Fri)

 「奏音が 我が家に 里帰りしたのは、昨年の秋だ。長月の半ば頃。」「よく帝がお許しになったわね?」 ご寵愛のあまり ご出産の折でさえ 後退出を許されなかったから 奏音様は 宮中でご出産なさったのだと 伺った。「母上が、その夏の暑さで体調を崩されて…今にも死にそうに大騒ぎをしたので…な。」「…なるほど…。」 昨年の秋…。長月…9月。 今は 弥生の3月だから 半年も前。「ちなみに…何を お植えに なられたの?...全文を読む

PageTop▲

遥か №24(side:蓮)謎の女

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.04 (Sat)

 「…お父上は…いえ 院におかせられましては その…非常に…博愛主義であられて…。」 ご自分の ご法衣のお袖を まさぐりながら 啓文様は 言いにくそうに告げられる「かくいう 私の母も…。雨乞いの舞いを披露したのがご縁で…思いがけなくも 寵をいただけたそうで…。」「結論だけ 先に 言って!」 どうやら 堪忍袋の緒が切れたらしい 神子殿の厳しくも冷ややかなお声に 法親王殿は 真っ青になられた。「は、はい!現在 ...全文を読む

PageTop▲

遥か №25(side:皓) 密偵

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.05 (Sun)

 「おやおや…どちらが鬼かわからない…すさまじく暗黒な気配だな?」「クー先生!」 い、いつのまに!「先生!あいつは!是隆は!」「心配はいらない。彼の記憶を封印した上で、ちゃんと自宅にも結界をはってきた。」「ついでに 俺のカラクリしこんできましたからね!また 鬼が来たって 痛い目にあうだけです!」 不破さんが 切羽詰った声で問う声に クー先生と石橋さんが 力強く請け負う。 「ありがとうございます…。」 ...全文を読む

PageTop▲

遥か №26(side:蓮)挨拶

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.06 (Mon)

  ど、どうして 私がこのような…!「うわぁ…!お似合いですよ!敦賀さん!」 え?! 白拍子の衣装に身を包んだ 神子殿の微笑みに 思わず見とれてしまう。「背が高い分、楽人の華やかな衣装が とっても 映えます。」「み、神子殿こそ!清楚で可憐で…」 以前の 妖艶な十二単もすばらしかったが 愛らしさを 素のままに残されている 今のお姿のほうが!「…あの…!敦賀さん?」 すっとその前にひざまずき 手の甲に口付け...全文を読む

PageTop▲

遥か №27 (side:京子)院との対面

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.07 (Tue)

 うぅぅぅぅ~ 体中のサブいぼがたっている!「ほんになんと愛らしい…名は?」 私の手を取って 自分のほほにすりすりしながら 院とやらが猫なで声を出す。「…ゆ、雪…と 申します!」 馬鹿正直に 本名名乗る必要もないだろうと とっさに偽名をつくろう。「あ…の…父上…。ゆ、雪殿に ど、どうか あまり…そのような…ことは!お、御身があぶのう…!」「ん?なんのことだ…?」 ? ほんと なんのことだろう「いや。しかし ぬ...全文を読む

PageTop▲

遥か №28(side:皓) レイノ登場!

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.08 (Wed)

 …!!!!!!! ぞっとするような声!! ばっ 瞬時に みんなが 戦闘態勢をとる「あらあら…ずいぶん礼儀正しいこと…それが 人の家を訪ねる作法…?」 長いまっすぐな金髪 長く鋭い爪は赤く彩られ 白拍子の衣装は 腹の部分で分かれてる! この時代…にしては やけに露出の高い! どうせなら… こういう衣装は 京子ちゃんに… じゃなくて!! こいつが レイノっていう 白拍子!「はぁぁぁぁぁぁ~」 ん!?「あんま...全文を読む

PageTop▲

遥か №29(side:京子)レイノの魔力

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.09 (Thu)

  お   お お おとこぉ~!?「お、緒方さんのお父様って…ほ、ほんとに…ご、ご趣味が 幅広いんですね…」 皓君が 冷や汗流しつつ つぶやく。「あ~、で、でも 世阿弥と足利義満とか そうだったらしいし…この世界では 普通かも…。」「違う!!」「「違います!!!!」」」 とたん ご当地組から 異口同音 必死の反駁が帰ってきた。「お、恐れ多くも!い、院にあらせられては!女漁りがご趣味で!」「骨のずいまで ...全文を読む

PageTop▲

遥か №30(side:蓮)緑の炎 

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.10 (Fri)

 「ふふん 命がけでかばう愛情…美しいことだ…。」 やつが…レイノが せせら笑う。「安心しろ。みんな仲良く あの世にいかせてやる!」 その不気味に長いつめを組み合わせて 何事かを唱えだした。 たちまちに周囲が暗くなり 空中に雷が起こる!「…まずい…こいつは 金(ごん)属性!」 クー先生が 舌打ちをする。 私も尚殿も木属性!金には 攻撃が効かない!! 神子殿も木属性… という以前に あのご様子では とうてい...全文を読む

PageTop▲

遥か №31(side:皓)薬湯

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.11 (Sat)

 ほぉ ほぉ ほぉ …梟の鳴く声…?「皓君!」「気がついたか!」 …ん?「京子ちゃ…」 !「怪我は!!!」 がばっと 跳ね起きたものの 即 頭が くらっときて 床に逆戻りした!「皓君!」 京子ちゃんが 俺の手をぎゅっと握る。「…おまえのほうが よほど重傷だっ!寝てろ!おとなしく!」「…不破…さん?」「すまなかった 皓!…オレが…考えもなく 攻撃したせいで!」「無理ないです…俺だって きっとそうしてます…。」 ...全文を読む

PageTop▲

遥か №32(side:尚) 自覚

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.12 (Sun)

 「きゃあぁぁぁ 金つば おまんじゅう 金平糖 あんもち!すごーい!こんなに!」 オレの買ってきた菓子に キョーコが歓声を上げる。「ありがとう!皓君 甘いの 大好きなの!!」「これは おまえに」 別にしていた包みを渡す。「え?」 いぶかしげに包みを空けた京子が 声を弾ませた。「桜餅!わぁ 可愛い!いい匂い!」「これは 女用だろうと 思ってな。」「さすがに 妹さんがいるだけあるわね!女心 わかってるじ...全文を読む

PageTop▲

遥か №33(side:蓮)羅生門

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.14 (Tue)

 「いかがなさいました?神子殿」 とりあえず 少しでも 京のそこここにただよう 妖(あやかし)どもを 封じ  「札」として 使役しようと 雑魚狩りにやってきた。「ここが…かの有名な…羅生門!!!」 ぼうぜんとして 見つめておられる…。「?は、はぁ…」「あああああ!どーして!?なんで、ここには デジカメがないの!? 携帯電話は 操作不能に なっちゃってるし!!!」「み、神子殿…?」 出辞亀?形態田輪?? ...全文を読む

PageTop▲

遥か №34(side:京子)下準備

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.27 (Mon)

 「すごい…土属性の敵10体も!わずか1日で!」「まったく…この狐など やっかいだったろうに…。強さの程度も 最高値だし…。」 皓君とクー先生が 今日1日の戦果を喜んでくれる。「今日の所は、得意属性のとこしか 回れなかったけど…. 明日は 他の方達も合流できますよね?」「ああ。皓君も どうやら動けそうだよ。」「ホントですか!?」 よ、よかった!「失礼致します。」「緒方さん!」「やあ、いらっしゃい!お父上は...全文を読む

PageTop▲

遥か №35(side:レイノ) 策謀

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.27 (Mon)

 「…興ざめだな…レイノ…」 低くて重い声が 響く「…は…!」「どうやら 私はおまえをかいかぶりすぎていたようだ。」「…次は 次こそは!」「手負いの半端な味方など 敵より始末が悪い!」「…くっ!」「ミロク」「はい!」 お館様の声に 闇の中から すうっと現れたのは…リーダーのミロク!「おまえに任せる。奴らを分断させ…力をそぐのだ!」「…は!」「私の呪詛は もうすぐ成就する!今、奴らに妨害される訳にはいかない。」...全文を読む

PageTop▲

遥か №36(side:尚) 避難

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.28 (Tue)

 「尚!おまえ、一人なの!?龍神の神子様は!」「左大臣様のお屋敷だ。」 本当は クー先生のとこだが…言う必要はあるまい。「なんとのんきな!左大臣殿のお屋敷には 秀でた公達が多々集うのだ! 万が一 龍神の神子様に懸想する者でもあらわれたらなんとする!」「…あいつは そんなの 相手には…」「思い上がるのではありません!!」 きーーーーーーーーーーーーん 母上のすさまじい声に 一瞬 耳が聞こえなくなった。「...全文を読む

PageTop▲

遥か №37 (side:蓮) 捕縛

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.28 (Tue)

 「…とにかく…入れ!」  不破殿が 『神子殿』を抱きかかえるようにして 邸内に招き入れる。「こ、これ…は」 こんな馬鹿な!「…神子殿は…ずっと…隣室で…お休みになっておられる…のに…。」 …いつものように…筒井筒の仲の…皓殿と…!「変化の達人が 他にもいるということだ。」「ま、また レイノの変化では!?」「あれほど禍々しい魔力の持ち主ならば 不破邸に施した結界が ちゃんと反応する。 あえて 妖力の低い者を送り...全文を読む

PageTop▲

遙か №38(side:京子)偽者

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.30 (Thu)

 「私の…偽物!?…この人が?!」「ああ 一晩中 闇雲に逃げ回ってたから 相当 疲れ果てて とうとう術は 保てなくなったようだが…」 クー先生が にっこりほほえんだ。「昨夜は 見事に 神子そっくりに 化けていたのだよ。ねえ?尚君。蓮君。」「見事なんかじゃない!まるで見当違いな 化け方しやがって!不愉快なだけだ!」「見当違い?」「やたら 色っぽく かつ 大人っぽい…すぐ 違うって分かった!」 かっちん「そ...全文を読む

PageTop▲

遙か №39(side:皓) ミロク

遥かなるスキップ・ビート!

2008.10.31 (Fri)

 「行きますよぉ~!皓君!」「は、はい!」 10本の矢に念を込めて呪を唱える。「つどえ その大いなる翼の元に」 「舞え 紅蓮の炎をまとい」「「出でよ!朱雀!!」」 俺が射た10本の矢を石橋さんの火器から放たれた炎が包む。 ねらい違わず 全てが敵に命中した。 ぎゃぁあああぁぁあああああああああ~ 断末魔の悲鳴を上げて 北山の天狗がくずれおちた。「今だ!」「任せて!」 京子ちゃんが、即 くちばしのついた...全文を読む

PageTop▲

前月     2008年10月       翌月

Menu

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。