更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2008 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 02

【  2009年01月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№25(蓮)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.01 (Thu)

 「…どうです?俺の推理に 間違ったところはありますか?蝶子さん」 風の音が鈴のように聞こえる断崖絶壁 潮風に長い髪をなぶらせている少女に呼びかける。「…どうして 私がそんなことしたのか、理由 うかがっていいかしら?」 こちらを振り向かないまま 彼女が冷静に問い返す。「亡くなったお父様の復讐」「…!父は!行方不明…っ!」「…と 見せかけて 実は殺されている…と、あなたは ご存知だ。なぜなら…」 震え始めた...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№26(尚)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.01 (Thu)

 「落ち着いて!不破さん!!」 声を殺して 島さんが俺の肩を ぐっと抑える。「台本どおりですよ!…い、一応…」「あ、あんなディープにしろと どこに…っ!」「しーっ!気づかれますから!!」 ~! くそ! あ あのくそガキがっ! シナリオ設定 最大限に拡大解釈しやがって!! キョーコはいまだに おれからの軽いキスさえ 恥らうのに! よくも あんなっ!! ヤツの長すぎるキスがようやく終わったとき 蝶子を演じ...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№27(蓮)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.02 (Fri)

  目の端に 不破君が さりげなく立ち上がって ゆっくりと 去っていくのが見える。 何気なさを装ってはいるが 彼女の後を追うのだと すぐにわかった。 …やはり…な。 彼が キョーコちゃんの…。  ― ショーちゃんはね、とっても かっこよくて! 「尚」という名を聞いた時点で わかってもよかったのに 俺も 相当 動転していたようだっ! 彼が 突如 テーマ曲なぞ 売込みに来たのは きっと 彼女を そばで見守る...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№28(京子)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.02 (Fri)

 「…そこまでよ、お二人さん」 突如 降ってきた声にぎょっとした ぱっと ショーちゃんが  唇を離した。「し、島さん!」 あわてて ショーちゃんが周囲をうかがう。「ご心配なく 私だけです。京子ちゃんについてるGPSのおかげで たどりつけただけ。」 腕時計にしこんだ受信レーダーを示してみせる。 ショーちゃんに強く言われて 私の歯には、2ヶ月前から 発信機が埋め込まれているのだ。 もちろん、ショーちゃんも ...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№29(蓮)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.03 (Sat)

 「…やあ 最上さん おひさしぶ…」 ずささささっ とたんに 最上さんが 3m後ろに 飛びすさる。「お、おはようございます 敦賀先輩っ!」 完璧な挨拶とお辞儀…だ が  ぺたっと壁に張り付いて おびえた目で 震えながら俺を見ている。 ふぅ 思わず ため息が出る。「…いいかげん、許してもらえない? あのシーンのことなら 何度も あやまっただろ?」「ゆ、許すなんて めっそうもありません!し、仕事ですものっ!」...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№30(尚)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.03 (Sat)

 「不破君!ちょっと いいかな?」 アカトキ事務所休憩室 コーナーで カフェオレ飲んでたオレに 背後から声がかかる。 この声は、歌手部門の責任者…。「おはようございます 平松さん、おつかれさまです」 さっと ヘッドフォンをはずし 立ち上がってお辞儀をする。 お袋仕込の接客の礼 18年前に心だけ跳んできたオレ さすがに 人間関係のあれこれは 記憶もおぼろなので 誰に対してもこうするようにした。 デヴュ...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№31(京子)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.03 (Sat)

  どうしよう どうしよう どうしよう「だから『受け取れません』って、突っ返してきなさいよ!」「だ、だって だってだって一度 受け取っちゃったのに…っ。」「じゃあ つけたらいいじゃない。似合うわよ?そのネックレスとイヤリング」「モー子さぁーん!!そんな無責任な…」「中身も見ずに 受け取るアンタが悪いっ!!」 ふ、ふぇぇ~「…やめて その涙目!アンタのは、もはや 凶器よ!!」 んぐっ きょ、凶器?!「ま...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№32(尚)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.04 (Sun)

 「ネックレス38万 イヤリング25万 計63万…ね。」 胸が むかむかする。 あのやろう! ただの後輩に贈るようなものかっ!?「どうします?返却させましょうか?」「…気にしなくていい!ヤツにしたら はした金だ。」 なんせ 向こうでは ここから1年後に 2億4千万の内装つき部屋 贈ったヤツだ! オレという恋人がいる以上 ヤツには もはや そんなマネはできまい。 絶対 させてやるものかっ!!「でも、京子...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№33(京子)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.04 (Sun)

 …。 なんだろう この感じ どこかで 見たことがあるような…「デヴューしたばかりの大型新人グループ!ビー・グールの皆さんでした!!」 きゃ―っ!! 若い女性たちのすさまじい嬌声「よくまあ ああまで ミーハー受けする顔ばかり 集めたわよね。」「前から思ってたんだけど モー子さん…って あまり 美形とかに 動じないのね。」「私も含めて うちの家系って美形ぞろいなんで 免疫ついてるの。」「 それ…自分で言う!...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№34(尚)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.06 (Tue)

 「尚…あなた」「案外 あっさり ばれたな。なかなか 目ざといやつらだ。」「…わざとね…?!」「当然」 すっと 左手を上げて 小指の指輪を見せる キョーコのほど 石の数は多くはないが そろいのデザインだ。「尚ぉぉ~!」「『螺旋の森』関係者 結局 だぁれも口外してくれなくて うわさにもならなかったしな…。」 肩を抱いてるとこだって隠さなかったし その後 堂々と夕食も朝食も 一緒に食べてたのに「…そりゃ あ...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№35(京子)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.06 (Tue)

 「ほんと あの男もやり方が 汚いわよね!」「も、モー子さんっ!?」「こんな形で アンタに所有印つけるなんて せこいというか ずるがしこいというか。」 なんとかかんとか番組が終わって 着替え中の控え室  モー子さんの悪口雑言はとまらない ひ、ひどい! そんな 言い方! ショーちゃんだって こんな小さな物 気づかれるとは思わなかったのよ!「ショ、ショーちゃんは ただ ホワイトデーのお返し…に…」 ぼぼぼ...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№36(蓮)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.10 (Sat)

 「どうして君から お返しもらう必要が?俺は 彼女に贈ったんだけど…?」「単なる事務所の先輩に あんな高価なものいただくわけにはいきません。」 むっ! 強調したな!? 今 わざと…!「俺は 俺の意志でそうしたんだ。」 彼女に 安っぽいものなんか渡せるものかっ!「…君が…彼女とどういう関係だろうと…」「恋人ですよ。」「っ!」「『螺旋の森』関係者の方なら、お察しでしょうに。」 …確かに…。 クランクアップの翌...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№37(尚)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.10 (Sat)

 「んんん~っ!!」 ! キョーコが 必死に背中に立てた爪の軽い痛みで我に返る あわてて唇を離した。「ふぇ、ふぇぇぇ~」「わ、悪かった。」 しまった! つい いつもより かなりディープなキスになってしまって…!「ごめん…な?」 あわてて、キョーコの目を覗き込む。 涙がいっぱいたまって 滴り落ちている。 心の中を恐怖が走る ばかっ! キョーコに嫌われるような キョーコを怖がらせるようなマネしてどうするん...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№38(京子)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.10 (Sat)

 「京子ちゃん!見て!『赤い糸ペアリング大ブレイク!あやかりカップル激増中~♪』ですって!」 律子さんが にこにこしながら 週刊誌の記事差し出してくる。「は、はぁ…。」「不破さんのほうは もともと恋人がいるって 最初っから 堂々と宣言してたから いまさらだし  あなたのファンも『相手が悪すぎっ』『悔しいけど勝てない、応援する』って 見守りモードだし」 律子さんは、どこまでも上機嫌だ。「正直言って いよ...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№39(蓮)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.10 (Sat)

 「…で、ここで あそこのへいまで飛び上がるんですが そこは スタントマンが…」「こうですか?」 くるん ひょい すたっ!「「「「「…っ!!!!!」」」」「え?ち、ちがいました?だって 台本には…」「い…え…。す、すみません! ト、トランポリンもなしに 2m上の塀に飛び上がれるとは お、思わなくて…!」 …思わないよな…。普通! 周囲が みな 唖然と固まってしまっている。  2m上の塀の上に宙返りつつジャンプ...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!」№40(尚)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.20 (Tue)

 「キョーコの出身地?オレと同じ京都だが?」「じゃ…小さい頃 麻の木 飛び越えたり 濡らした障子紙の上 破かずに走ったり…してません?」「…は?なんのことだ?」「いえ。いいんです…ちょっと 気になっただけで…。」「なんだか 疲れてるようだが…撮影うまくいってない…」「順調です!!」 携帯の向こう 島さんがきっぱり言い切った。「スタントマン一切使わなくていいから 進むの早いこと早いこと! あの子、さては人間...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!」№41(蓮)【『黒龍の夢』序章①】

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.20 (Tue)

    『黒龍の夢』序章           柴藤 聡史(しとう さとふみ)…敦賀 蓮(長州藩の重鎮に仕える若い武士)       絢華(あやか)…京子(向島1の売れっ子芸妓。実は…?) …っ!「おそまつさまでした」 舞を終えた彼女が 手をついて丁寧におじぎをする。「どうだ?柴藤!」 上機嫌な上役の声に我に返る。「花のお江戸は向島に咲く 名花中の名花、その名も絢華だぞ。」「…は…。」「ささ、絢華!こっちに...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.20 (Tue)

    『黒龍の夢』第1章「っど、どうして…っ!?」 二つ並んだ枕の 赤い布団の寝間の中 青ざめた絢華の手をつかんで、聡史がにんまり笑う。「実は、俺は、英吉利(イギリス)に留学したことが あってね」「…え?」「この幻惑香を解毒できる薬を知って…おっと!」 すばやく絢華が繰り出してきた苦無(くない)をよける。「そんなにあっさり、情報源、殺していいのか?それじゃ、くのいち失格だ。」「っ!!!」 苦無を持つ...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!」№43(蓮)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.20 (Tue)

  …気分が悪い。 胸が むかむかする!「どうして、誰も何も言わないんでしょう。」「そりゃ、どっちもスタッフ受けがいいし。いかにも純情カップルでほほえま…」「どこがですか!人目も構わず いちゃいちゃ べたべたして 見てられません!」「そんな…ほっぺにキス1回くらい…。」「それが 見苦しいって言ってるんです!」「…ふぅーん…」「?なんです?」「すると、なにか? 仮に お前が奇跡の大どんでん返しで  もしかし...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.31 (Sat)

 「演技できなくなった!?キョーコがか!?」「ええ…途中までは 一発OKの連続でしたのに…急にっ!」 携帯越しにも 彼女の声が上ずってる。  ここまで焦った島さんの声を聞くのは はじめてだ。「緒方監督さんが…ここまで かなりなペースで進んでるし…。」 その声は 暗い。「ちょうどいい機会だから 数日休養を とったほうがいい…と。」「キョーコ…は?」「相当 落ち込んでて…見てられません…どうしましょう?」 くそ!...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!」№45(蓮)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.31 (Sat)

    『黒龍の夢』第2章           柴藤 聡史(しとう さとふみ)…敦賀 蓮(元長州藩の重鎮)       彩子【芸者名:絢華(あやか)】…京子(名門 三条家の養女。柴藤の婚約者)      **********************************「それで…皇太子様は 泣き出されてしまわれたんですの。」 重い口調で 年配の女性が 同情をこめた口調で言う。「『われは、お母様のホン...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!」№46(京子)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.31 (Sat)

 「ふん 人のこと とやかく 言えないじゃないの!」 …!「あんな なんでもないシーンに 詰まってしまうなんて さいてー!」「瑠璃子…さん!」 い、いつのまに 私の楽屋!「なぁにが『若手実力派 №1』!?はっ!聞いてあきれちゃうわね!」 すっと 後ろ手に 鍵閉めながら せせら笑う。「結局、アンタ 私から 卑怯なやり方で 役 ぶんどったまでが 精一杯だったってことよね!」 ひ 卑怯!?「あ、あなたが 自...全文を読む

PageTop▲

「スパイラル・スキップ・ビート!」№47(レイノ)

スパイラル・スキップ・ビート!

2009.01.31 (Sat)

 「車、玄関に回してくるから、ここにいてね。何かあったら 携帯の緊急コールを…。」「はい、大丈夫ですから。」 玄関脇 休憩コーナーから 女2人の声。「おっ!不破さんの彼女さんだ!」 真っ先に キヨラが気づいた。「はぁ やっぱり 可愛いなぁ~!」 声を潜めて タスクがつぶやく。 「そうかぁ?俺は、もっとこう ぼぼぼんっ きゅっ ばばばん!…な 大人の女のほうが…」 シズルも 話に割り込んでくる。「そんな...全文を読む

PageTop▲

前月     2009年01月       翌月

Menu

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。