スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←№60(side:尚)いつのまにか →№62(side:尚)いてくれてありがとう
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【№60(side:尚)いつのまにか】へ  【№62(side:尚)いてくれてありがとう】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

アナザー・スキップ・スキップ・ビート!

№61(side: 京子) いてくれてありがとう

 ←№60(side:尚)いつのまにか →№62(side:尚)いてくれてありがとう
「ショー。花嫁の父が そんな不機嫌な顔しないの。」

「…ああ…。」

「そりゃ ちょっと年上だけど…。」

「ど、どこが『ちょっと』だ!22だぞ!?」22!!」

「でも…今まで 奏音に申し込んできた どの方よりもいいと思わない?
 奏音をよく理解して その才能も しっかり支えてくれそうで頼もしいわ。」


「…まあ…な。」

「不破さん。お嬢様をエスコートしていくロード、念のため、予行演習を…。」

 式場のスタッフの方が ショーを 呼びに来た。
 
「はい。」

 不承不承 ショーが立ち上がる。

「行って来る。」

「ええ。よろしくね。」

「おまえは 一歩たりとも この控え室から出るなよ!!」

「え??」

「…いつも以上に ドレスアップしてるおまえ 一人でいたら たちまち 群れてくるからな!
 飢えた男どもが!」


「…ま、まさか…。」

 思わず ふきだしそうになる。

「もうすぐ孫もできるのよ?私になんか…」

い い か ら!!出るなよ!絶対に!!」

「…はい…!」

「よしっ。すぐ、帰るから!オレが出たら、即、鍵閉めろ!」

「は、はい。」

「ノックされても 相手確かめずに 開けるなよ!」

「はいっ」

 しつこく しつっこく 念を押して やっと ショーは出て行った。

 ふぅ

 心配性なんだから!ホントに!!

 そんなに 気にするほど 私 もてるわけじゃないのに!

 …。

 大きな鏡に映った自分の姿を見る。

 奏音の白いドレス引き立てるように選んだつやを抑えたワインレッド
 ショーが 買ってくれた ピジョンブラッドのルビーとダイヤのネックレス 

 アップにした髪にも ルビーとダイヤの髪飾り
 2年前の夏…絶海の孤島にある別荘ごと「お父さん」が贈ってくれた

 …と いうことにしてある
 「あの人」からの…贈り物…。

Red


「キョー…コ!」

 あのとき
 クロロフォルムから覚めたとき

 目の前に飛び込んできた…ショーの必死な表情

 …げっそりと やつれた彼の…蒼白な…顔

 一気によみがえった

 …喪ってた…記憶…!

 レセプションの夜
 「彼」の…告白を 聞かされ…て

 思い知った
 どれほど 長く彼を苦しめ続けていたか!

 そして
 …わかった

 なぜ 結婚当初
 すぐに…ショーを受け入れられなかったのか…。

 私も
 この人を…好き…だった

 あの頃
 私は この人を 愛して…いたのだ

 何がなんだか
 わからなくなって 

 苦しくて辛くて
 
 戻りたいと思った

 ショーの気持ちも 彼の気持ちも
 何もしらなかった昔に 何も考えずにいられた頃に!

 逃げた…卑劣にも

 一時的な記憶喪失は 私の逃げ
 
 弱虫の卑怯者の証!!
 
 そのせいで…あの人を もっと…傷つけた
 追い詰めて…犯罪まがいのまねを…させてしまった…。

 すべてを なかったことにしよう!
 
 目覚めたあの瞬間 私は すぐに決意した!
 
 そうすれば
 もうこれ以上 誰も傷つけなくてすむ!!

 それ…が
 なにも 知らずに
 傷つけてしまった…「あの人」への…償い!

 せめてもの…罪滅ぼしだもの…!!

「ショー?どうしたの!?どうして…そんなに やつれてるの!!」

「…キョー…コ?」

「今夜は 大統領もいらっしゃる 大切なレセプションでしょう?大丈夫なの!?」

「…!」

 次の瞬間
 がっと ショーが私の肩をつかんだ!

「キョーコ!今日は、何年何月何日だ!?」

「に…2024年6月23日…でしょ?」

「…!お、おまえは いくつ…だ?」

「34!あなたね、妻の年も 忘れ…」

 その先は 彼の胸の中に飲み込まれた。

「キョーコ!キョーコ!!!」

 泣きじゃくりながら 抱きしめてきた…ショーの胸に

 何も覚えてない
 レセプションの夜のことさえ覚えてない…と

 言い通した
 私の演技…に ショーも周囲の人たちも 巧みに合わせてくれた。

 ふっ

 鏡の中の私が微笑む

 よくやったわ キョーコ

 大丈夫

 誰にも 気づかれてない

 誰にも 気づかせやしない この先 一生!

 私は
 生涯 この演技を貫いてみせる!

 ”世界の妖精”…の 名にかけて…!

イラスト「Red Shoes」(Heaven’s Garden様より)
画像



お題提供「恋したくなる お題配布」様より
「あの人の心を開く5のお題」
恋したくなるお題配布bana2

スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【№60(side:尚)いつのまにか】へ  【№62(side:尚)いてくれてありがとう】へ

~ Comment ~

あ、ありがとうございます

(お申し出のとおり
 まんま コピー&ペーストさせていただきました。
 なぜ、コメント不可だったのか謎です!
 ><; すみませんでした!)

 えー…と

 お、おほめいただいて ありがとうございます!
 
 …いや… ^-^; というより

 す、すみませんでした!(滝汗)><;

衝撃…!

やられた! v-12orz
安心しきってたとこ 背中から ざっくり やられた…!

本館でも
「ああああああ!そっか!だからか!
 あんなに しつこくしつこく
 フランスと-8時間の時差があるんだと強調してたのはっ!!」

  …と 悟ったとき以来の衝撃…。

  またしても…してやられました!!

  あわてて過去の記事さかのぼって
 
確かに
①あんな中途半端な忘れ方&思い出し方は 医学上ありえない!
②あんなにも長い間 ずーっと(side:京子)がなかったのは 変だ!!

…って 思いました…いまさら…ですが!

Storyのおもしろさに惑わされて まったくきずかなかった…

まんまと 術中にはめられましたっ。
かぁなり ショックです!!v-31
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【№60(side:尚)いつのまにか】へ
  • 【№62(side:尚)いてくれてありがとう】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。