スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!」№40(尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!」№40(尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スパイラル・スキップ・ビート!

「スパイラル・スキップ・ビート!」№41(蓮)【『黒龍の夢』序章①】

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!」№40(尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】

   『黒龍の夢』序章

     
      柴藤 聡史(しとう さとふみ)…敦賀 蓮(長州藩の重鎮に仕える若い武士)
 
      絢華(あやか)…京子(向島1の売れっ子芸妓。実は…?)



龍田姫

 …っ!

「おそまつさまでした」

 舞を終えた彼女が 手をついて丁寧におじぎをする。

「どうだ?柴藤!」

 上機嫌な上役の声に我に返る。

「花のお江戸は向島に咲く 名花中の名花、その名も絢華だぞ。」

「…は…。」

「ささ、絢華!こっちにきて この若造に酌をしてやってくれ!」

「はい」

 にっこりとほほえんで 彼女が銚子を捧げ持つ。

「さ、ご一献」

「あ、ああ!」

 我知らず
 手にした盃が震える

「あら」

「す、すまない!」

 ぶざまにも
 彼女の着物に酒をこぼしてしまった!

「いいえ」
 
 おっとりと彼女は ほほえんだ。
 
「お?どうした?!柴藤!」

「さては 絢華に惚れたかぁ?」

 上役や同輩のからかう声に 何も言い返せない。

 顔が真っ赤に熱くなっていくだけだった。

「濡らした布でたたいたら すぐ落ちますので お気になさらず。さ、ぐっと」

 彼女は 
 しっかり俺の手ごと盃を握りしめて持ち直させてくれた。


夜の香

「…あれ…は」

 芸妓をつけてやるという 上役の「好意」を断って
 一人、離れの部屋で寝ていたものの どうにも気分がくさくさして庭を歩いていた。

 雲の切れ目から 月明かりがさして
 塀の上 闇にうごめく人影が 一瞬 見えた。

「絢華…?」

 先ほどの宴の華やかな着物とは一転して 目立たない黒装束。

 こんな真夜中。

 彼女は…今頃 俺の上役…と…いるはず…で。

 そぉーと
 彼女の相手になっている幸運な男のいる部屋に赴く。

 もし…な真っ最中だったら 即 引き返せばいい!

 ん!?

 近づくにつれ
 独特の香のにおいに気付いた。

 絢華のたきしめていた香に似ているが どこかが何かが違う

 …っ!

 この…においはっ!!

 あわててふところから手拭いを取り出す

 庭の池の水につけて絞る
 それを 鼻と口にあてて 部屋に近づいた。

 部屋からは すさまじい濃度で香が漂っている。

 そぉーっと 姿勢を低くして ふすまを開けた。

 薄暗がりの中
 上役が高いびきをかいて寝ていた。

 たった一人で!
 隣には 寝た形跡さえない。

 枕もとにある香炉から 薄い煙が絶え間なく立ち昇っている。

 静かに 元通り ふすまをしめた。

 …なるほど…。
 
 こうして 男たちには幸せな夢だけを見せているわけだ。

 いかにも 美しい女と共寝できたのだと錯覚させるように…。

 ふっ

 なぜだろう

 本来は 怒るべきだ
 俺の 上役をだましたことを

 本当は もっと案ずるべきだ
 では、何の目的があって 俺たちに近づいたのかと

 だけど

 彼女が見せかけてるような 花街の女でなく
 けがれない少女であったことが すごくうれしい

 最初に受けた
 その印象通りに! 



イラスト『龍田姫』(「画:;「甘今想最」ともにょ様)
 『香炉』(作:「十五夜」様)
     
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!」№40(尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!」№40(尚)】へ
  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。