スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】 →「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スパイラル・スキップ・ビート!

「スパイラル・スキップ・ビート!」№43(蓮)

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】 →「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚)



 …気分が悪い。

 胸が むかむかする!

「どうして、誰も何も言わないんでしょう。」

「そりゃ、どっちもスタッフ受けがいいし。いかにも純情カップルでほほえま…」

「どこがですか!人目も構わず いちゃいちゃ べたべたして 見てられません!」

「そんな…ほっぺにキス1回くらい…。」

「それが 見苦しいって言ってるんです!」

「…ふぅーん…」

「?なんです?」

「すると、なにか?
 仮に お前が奇跡の大どんでん返しで 
もしかして万が一 京子ちゃんを恋人にできたとしたら…」

「社さん…」

 何ですか!?
 その…やたら『まあ、無理だろな』というニュアンスの形容詞の数々は!
 
「おまえなら 絶対にあんなこと、京子ちゃんにしないんだな?」

「…おなかがすきましたね、早く帰りましょう。」

「…やっぱり…な。」

 ふぅ

 社さんのわざとらしいため息は 聞かなかったことにして 駐車場へ向かう足を速めた。

 まあ…いい。

 撮影は まだ始まったばかり

 彼女の恋人として
 そのうち 夫としての演技が続くんだ。

負けは しない

 俺は
 絶対に 負けないっ!!

スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!」№42(尚)【『黒龍の夢』第1章①】】へ
  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。