スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!」№46(京子)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!」№46(京子)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スパイラル・スキップ・ビート!

「スパイラル・スキップ・ビート!」№45(蓮)

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!」№46(京子)



   『黒龍の夢』第2章

     
      柴藤 聡史(しとう さとふみ)…敦賀 蓮(元長州藩の重鎮)
 
      彩子【芸者名:絢華(あやか)】…京子(名門 三条家の養女。柴藤の婚約者)

      **********************************


「それで…皇太子様は 泣き出されてしまわれたんですの。」

 重い口調で 年配の女性が 同情をこめた口調で言う。

「『われは、お母様のホントの子ではあらっしゃいませんのか。
 お清さんの子ではあらっしゃいませんのか。』…と。」

「…まあ、おいたわしい。」

「お優しくてお美しい皇后様のことを 女神様のようにお慕いでしたから
 ご無理はございませんが…。」

「誰が そのようなよけいなことを 日嗣の皇子さまに 吹き込んでしまわれたのでしょう。」

「ええええ。皇后様は すばらしく徳のあるお方ですから 側室の生んだ子を わが子のように
 慈しんで お育てでしたもの。誰が見ても、血のつながった親子とみえましたよ。」

「たとえ、おなかを痛めていなくとも いとけないころから お育てしてるんですもの。
 やはり、母性愛がわいてくるのですわ。それが、女という生き物ですもの。」

 上流家庭の茶会

 いかにも育ちのいい女性たちのおっとりした会話
 
「ねえ、彩子さまも そうお思いになりません?」

「…」

 ☆ ★ ☆

「カット!!」

 ざわっと スタジオ中の空気が揺れる。

 …!

「京子さん!大丈夫ですか!?」

「あ、は、はい…。大丈夫です!す、すみま…せん」

 そういう彼女の顔は真っ青で
 あまつさえ がたがた 震えてさえいる!

「…少し 休養をとってはいかがですか…?」

「え、で、でも!」

「あなたの絡むシーンは 快調に進んでます。ここで数日おいても 影響ないです。」
  
 緒方監督は 優しく彼女にほほえんだ。

 監督なりに
 …なにか あるのだと 察したのだ。

 どんなシーンだろうが 一発OKだった彼女が
 こんななんでもない(…と 何も知らない他人なら思うだろう)場面に なぜ詰まってしまうのか

 あ の
 ○○(さすがに自己規制)女がっ!!

 母親のくせして
 愛情の一滴も そそいでやらないから

 16になっても
 アンタの娘の心は 深く傷ついたままなんだっ!!!

「最上さ…」

「敦賀くん」

 彼女の元に 行こうとした俺を 監督が 呼び寄せる。
 
「京子さんに 休養とっていただいてる間、敦賀君のシーン 撮り進めますね。」

「…え」

「そのほうが、京子さんも 落ち着いて休めるでしょうし…。」

「は…い」

 そういわれては うなづくしかない!

 俺たちみんなに 申し訳なさそうに丁重に挨拶をして
 マネージャーに抱かれるようにして去っていく最上さんに
 後ろ髪 ひかれる思いだが

 ここは
 もう一人の主役である俺が ふんばって
 ヒロイン不在の異常事態を カバーしなくては!

 それが
 今 俺が 彼女にしてあげられる精一杯だ!


 
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!」№46(京子)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!」№44(尚)】へ
  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!」№46(京子)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。