スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←№19(side:尚) →№21(side:京子)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【№19(side:尚)】へ  【№21(side:京子)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

アナザー・スキップ・スキップ・ビート!

№20(side:久遠)

 ←№19(side:尚) →№21(side:京子)
「おかえりなさい …?クオン? どうかした?」

「幽霊でも見たような顔だぞ?」

「あ。いえ。つい…楽しすぎて アルコールを過ごしてしまったようで…。」

 案じてくださる大統領ご夫妻に なんとかほほえみを返す。

「醜態をさらさないうちに 失礼させて頂きます。申し訳ございません。」

「そう?そうね、ずいぶん ご気分お悪そうだし…」

「またの機会を楽しみにしているよ。」 

「光栄です。ぜひ。」

 丁重にご挨拶を申し上げて席を立つ。
 店が手配してくれたタクシーに乗り込んで 背もたれに体を預ける。

 頭の中は ぐるぐるだ!

 …どういう意味なんだ…あの会話は…!

 大統領ご夫妻がご招待くださったレストランが 偶然 不破夫婦と一緒だったことは
 さほど驚くべき偶然じゃない。

 カーネギーホールの周辺で個室のある格式高いレストランなど そう多くはないからだ。

 だが

 車寄せで 二人の会話を 漏れ聞いてしまったのは…あまりにも できすぎた偶然だ!

 ― パラレルワールド ―

 ―  2007年6月23日 ―

 ― 『向こう』 ―

 あまりにも 信じがたい話で…とっさに意味がつかめなかった…。

 要するに… 
 あの…彼女は…昨夜の彼女では…ない…?

 瞬時に
 今日の午後、ホテルの廊下で出逢った彼女の言動がよみがえる。

 パラレル…だと!?
 まさか!SFじゃあるまいし!そんな荒唐無稽な!!

 …だと…すると…

 記憶喪失!!

 2007年6月23日まで 記憶がとんでいる!?

 そうと考えれば全てつじつまがあう!
 今日の彼女の不可解な言動も!!

 しまった!!

 思わず頭を抱え込んだ。

 そうと
 そうだと わかってたなら!

 もっと 紳士に振る舞ったのに!!

 てっきり
 『昨夜のことは、なかったことにしよう』という 暗黙の演技とばかり…!!

 くそ!

 2007年6月23日なら

 まだ…俺のものにもできては、いなかったが
 ヤツのことは 相手にもせず 遠ざけていた頃じゃないか!
 
 せっかくのチャンス みすみす!

 …。

 いや…。

 あきらめるのは 早い。

 まだだ。
 まだ 挽回のチャンスはある!
 作ってみせる!!

 これは 神のあたえたもうた
 
 まさしく 千載一遇のチャンス!!


 逃してたまるものか 今度こそ!



  
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【№19(side:尚)】へ  【№21(side:京子)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【№19(side:尚)】へ
  • 【№21(side:京子)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。