スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!」№48(尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!」№50(蓮)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!」№48(尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!」№50(蓮)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スパイラル・スキップ・ビート!

「スパイラル・スキップ・ビート!」№49(レイノ)

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!」№48(尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!」№50(蓮)

 純真な天使ちゃんは 難攻不落…か。

「聞いてるのか!レイノ!!」

「…ちょっと 休憩コーナーで お話しただけだろう。そう、きゃんきゃん…」

「手を握ってただろう!」

「正確に言えば 俺の手に触らせてた」

「レイノ!」

 がっ

 ミロクが 俺の肩を勢いよくつかむ。

「レイノさーん、相手が悪いですよ!」

 シズルが 傍らから話に割り込む。

「相手は 不破さんが それはそれは 大事にしてるお姫さまですよ?」

 前の席
 キヨラが ぼそっと つぶやいた。

「あんなとこ フォーカスされようものなら レイノさんだけじゃない
 俺たち みんなが 不破さんから 敵視されてしまいます。」

「いまの歌謡界 ヒットチャート上位 10位のうち 8曲は 不破さんの作詞作曲。
 俺たちのアルバムだって 人気があるのは 不破さんが提供してくれたものが大半だ。」

 ミロクの手に力がこもる。

「あの人だけは 敵に回すわけにいかないんだ!軽はずみなマネは 絶対するな!」

「はいはい…」
 
 大事なお姫様…ね。

 …妙だ…な。

 あの一瞬
 彼女のほうから 流れてきた記憶の映像を 何度も頭の中で再生してみるんだが。

 冷たい母親の記憶と一緒に
 流れてきた『不破さん』の過去の姿

 まるっきり いまの姿とは違う

 横暴で自己中心的でわがままで勝手な…
 (王子フィルターのおかげで ソフトにはなってたが)
 
 あんな最低男が

 今の『恋人めろめろ溺愛』
『誰からも 尊敬される誠実な男』になれるものなのか?

 いったい
 どうなっているんだ?

スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!」№48(尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!」№50(蓮)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!」№48(尚)】へ
  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!」№50(蓮)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。