スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!!」№69(京子) →「スパイラル・スキップ・ビート!!」№71(尚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№69(京子)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№71(尚)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スパイラル・スキップ・ビート!

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№70(蓮)

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!!」№69(京子) →「スパイラル・スキップ・ビート!!」№71(尚)



「おー!すごい!これ!!」

 昼食休憩中
 社さんがスポーツ紙 見ながら 素っ頓狂な声張り上げる。

「WANTED!謝礼10万円!はりこんだなー!」

 WANTED…指名手配?
 
 なんだ?
 テロ犯人か 何かか?

 社さんが手にしている新聞を見る

 10代後半くらいの少女の写真…

 …ん!?

「ちょ、ちょっと見せてください!」

「ああ、ほら。謎のクイズプリンセス 消息不明…だと」

 社さんが 新聞記事をこちらに向けてくれる。

「プロデューサーに教えた連絡先は 架空。TV局は、必死にその行方を追っている…ってさ」

 …。

 茶髪 ショートカット
 ちらりとのぞく ピアス

 いかにも いまどきな 軽そうな女子高生

 …に 見せてはいるが

 …これは…間違いなく

 なんで
 こんな格好で クイズ番組なんかに…。

「お、俺たちも よく知ってるはずだって?!どういう意味だ!?」

 がやがやがや
 入り口から 派手な一団がやってきた

「うまく化けてるけど オーラは ごまかせない。」

「え?だ、誰なんだ!」

「本人が隠したがってるのに 俺がばらすのは マナー違反」

「お、おい!?」

 …。

 目の前を
 軽薄そうなグループが 通り過ぎていく

 しんがりの男が 俺が持ってるのと同じ新聞を持っている

 まさか
 わかって…いるのか?

 あの孔雀みたいな男にも

「社さん、今 目の前 通り過ぎていった ゴクラクチョウみたいな一団は」

「ビー・グール!アカトキで売り出し中のアイドルグループ。ミーハー層、絶賛熱狂中!」

「へぇ…」

「蓮…少しは 他の分野にも 関心 持てよな…。」

 社さんの文句は聞き流して
 早速 携帯で データを検索する

 さっきの孔雀…は

 ボーカルの「レイノ」…か。

「レイノー 知ってるなら 教えてくれよぉー。10万もらったら 1割やるから」

「なんで半額って言わないんだ、そこで」

 どっとあがる笑い声

 傍若無人に 騒がしいやつらだ

 アカトキは しつけには厳しいと思ってたんだが

 不破尚だけが 特殊だったようだ。

「それにしても 不破さん」

 いきなり
 その名が やつらから飛び出て びくっとする

「あんなに忙しいのに よく3日間も オフとれたよなぁ」

「ドル箱大スターの初めての休暇申請だから 事務所も無理きいたらしいな。」

「あーあ 今頃 かわいい彼女と ラブラブいちゃいちゃなんだろうなぁ~」

「オフじゃなくたって そうだろう」

 どどっと 下品な笑い声

 …に いたたまれなくて 立ち上がる。

さすがに
 そろそろ 進展があっても不思議はない
 
 …というより
 よく 1年も同居して 我慢できてたものだ!

 俺なら とうてい 耐えられない!!

 先を越されるのはむかつくが
 再会したときには すでに同居中だったんだから どうしようもない!

 むしろ
 チャンスだと 考えよう

 今までみたいな 潔癖清楚オーラが とれてくれれば
 俺だって もう少し 思い切った行動がとれるようになるからな!

スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№69(京子)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№71(尚)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№69(京子)】へ
  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№71(尚)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。