スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!!」№90(尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!!」№92(尚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№90(尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№92(尚)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スパイラル・スキップ・ビート!

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№91(京子)

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!!」№90(尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!!」№92(尚)
  『黒龍の夢』第3章

     
      柴藤 聡史(しとう さとふみ)…敦賀 蓮(元長州藩の重鎮)
 
      彩子【芸者名:絢華(あやか)】…京子(名門 三条家の養女。柴藤の新妻)

      Silver jewelry


「大日本帝国の栄えある 初代総理大臣とくれば やんごとなきご身分の三条殿こそ
 ふさわしい!」

「しかし、実務能力という点からいえば、柴藤殿が…」

 男達の議論は いつまでも 終わりそうにない

「いつまでも くだらぬことで さわぐでない」

 そこに
 いかにも 貫禄のある人物が登場した

 維新の立役者とも言うべき 重鎮

 全員が 立ち上がって礼をとる

「これからは 鎖国の江戸時代と違って 外国との交渉が必要不可欠。
 赤電がすぐに読めなくて 総理なぞ つとまるわけがなかろう。」

「「…は!」」

 赤電。 それは 外国からの英字電報
 
 三条氏は 摂関家の出身
 身分から言えば 最高ではある…が 英語は 全くできない

 それにひきかえ
 柴藤 聡史は 英語は読むも書くのも 自由自在

 その重鎮の鶴の一声で
 初代総理大臣は 我が夫 柴藤 聡史が 務めることになった。

「おめでとうございます、あなた」

 とうとう
 この人は 自分の夢をかなえたんだ!

「ああ」

「?うれしくありませんの?」

「身が引き締まる思いだ。」

「え?」

「この国の未来は 俺の双肩にかかってくる。」

 ぐっ
 いきなり その胸に抱き寄せられる

「彩子…。ずっと そばにいて 支えててくれ。」

「あなた…」

「俺が どんな外圧にも負けず 自分の意志を貫けるよう…」

 その腕の力が ますます強くなる。

「この国の民を 幸せにできるように…!」

  Silver jewelry


「…これも 権力の座には つきもの…なのでしょうね…。」

 ぽつっと ひとりごちる

「声を出すな!女!!」

 さっきまで 御者席に座ってた男が 短刀をつきつける

 その切っ先が震えている
 …ところを見れば プロというわけでは なさそうだ。

「…御者の声が 行きとは 変わっていたから ヘンだなとは 思ってたのよね…」

「すごいね。俺は 気付かなかった」

「一国の総理ともあろう方が 注意力散漫すぎてよ?」

「お恥ずかしい」

「の、のんきにしゃべるな!状況が わかっているのか!?」

「…誰の差し金だろう?」

「どなたかのご意向なら もう少し ましな人材 選ぶと思うわ。」

「同感だ」

「お、おまえら!俺を ばかにしてるのかっ!!」

 ぶんっ

 男が 短刀を振り回してきた
 …腕を逆手にとって ねじりあげる

「ぐっ!?」

 男の手から ぽろりと短刀が落ちた。

 さっと 聡史が その腕をタイでしばりあげた。

「もう 出てきていいよ。」

 男をとらえたまま 馬車の外に向かって 声をあげる。

「っ!?」

 縛り上げられた男が 目をむいた

 20人ほどの警官が 周囲を取り巻いていたのだ。

「こうみえても 一国の総理なんでね。護衛くらいは ついているんだ。」

 にっこり ほほえみながら 聡史が男のむなぐらをつかむ。

「…よくも…妻に向かって 短刀なんぞ 振り回してくれたな…?」

 ぎりぎりぎり
 きつく締め上げられて 犯人の顔が苦悶にゆがむ

「…あなた!取り調べができなくなるわよ!!」

「…そうだった…」

 やっと 離してもらえた男は 激しく咳き込んだ。

                  star_pink.jpg


「だ、大丈夫ですか?光さん!」

「あ、ああ 平気!」

 休憩時間
 犯人役の石橋光さんが 腕をさすっていたので 思わず声をかける

「ご、ごめんなさい 痛かったですよね?」

「いやいや 気にしないで。そういう演出なんだから」

 敦賀さんと同い年…というのが 信じられないほど 若々しい 少年のような笑顔だ。

 …なんて 言うと 敦賀さんに失礼なのかな。

 だって 敦賀さん すっごく 大人なんだものっ!

 あんな口説き文句まがいなセリフ 真顔で挨拶代わりにで 言えちゃうんだから。

 他の女優さんは よく平気でいられるものよね。

「それにしても 京子ちゃん 見かけによらず 力あるよね。」

「え、い、いえ。そんな…」

「普段から鍛えてるおかげかな。
 マンションの1室に サウナ付きスポーツジム 作ってもらってるんだってね。」

「…え…(な、なんで ご存じなの?)」

「京子さんの 美容と健康のために…って 不破さんが 女性向きの器具
 あちこちに問い合わせてたって ギョーカイでは、有名なんだ。」

 うっ!

「でもって 防音付きの練習室込みで グランドピアノを バースディにもらったんでしょ?」

「え、ええ?!(な、なぜ そんなことまで!!)」

「『彼女 子どもの頃から ピアノを習いたがってたから』って、
 情報収集してたから 不破さん」

「そ、そうなんですか…。(だ、だからって どうしてここまで だだ漏れ!?)」

「すっごく 大事にされてるよねぇぇ。京子ちゃん」

「あ、ありがとうございま…す」

 ぼぼぼぼぼぼぼ

 うぅうぅううぅ
 返事のしようがなくて いたたまれない

 そして
 改めて 思い知る

 どうしよう

 ショーちゃんに つくされてばかりだ 私!

 わ、私
 なにも ショーちゃんに お返しできてない!!

 全然
 役に立ててないのにっ!!



bnl-1.jpg

    ライン&イラスト 「HEAVEN'S GARDEN」様
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№90(尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№92(尚)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№90(尚)】へ
  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№92(尚)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。