スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!!」№97(レイノ) →「スパイラル・スキップ・ビート!!」№99(京子)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№97(レイノ)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№99(京子)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スパイラル・スキップ・ビート!

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№98(尚)

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!!」№97(レイノ) →「スパイラル・スキップ・ビート!!」№99(京子)



「…レイノさん…!?」

 どっ!?
 どうなってる!?

 今
 ヤツは ぐったり 壁によりかかってる!

「レイノさん!!大丈夫ですか!?」

 耳元で 大声を上げて ヤツの肩を揺さぶった。

「…。」

 目を開けてはいるが
 焦点が合ってない!どこか違うところを見ている!

「しっかり!どうしたんですか!!」

 うんざりしながらも
 言われるがまままに ヤツの腹に触れた瞬間

 どうしたことか
 ヤツは 電流に打たれたように びくっと飛び上がり
 そのまんま はじけ飛ぶように後ろの壁にぶつかったのだ!

「…なぜ…」

 ようやく ヤツが声を発した。

「え?」

「不破…さんは…オレ…たちに…こんなに よくしてくださる…んですか?」

「…は?」

「曲ぬす…ん…でるようなものでしょう。あ、あんなに たくさん提供してくださって…」

 …。

「同じ事務所の仲間です。当然でしょう?」

 本来なら 『今』オレがひきつけておかなきゃならない ミーハー層

 オレの急な路線変更で、アカトキから 奪ってしまっている。
 オレのせいで アカトキで働く人たちに 迷惑をかけてはならない。

 ヤツらなら 多少は その穴を埋めてくれる。

「…オレたち…芸能界で 何年くらい 通用するでしょう…」

 ???

 なんなんだ?さっきから

 …いや
 半病人のガキ相手に大人げない

 穏やかに 答えてやる

「皆さんの精進次第ですよ。」

 ヤクにさえ 手を出さなきゃな!

 『向こう』では オレの曲 盗むのやめたとたん 駄作だらけになった。

 当初は ルックスねらいのミーハーどもが 支えていたが
 ミーハーだって 年と共に 耳が肥えてくる。

 顔だけで中身のないこいつらは どんどんあきられて 人気もじり貧

 そのいらだちからか ヤクに手を出して 芸能界追放の憂き目にあった。

 …なのは、自業自得だから 別にいいんだが。

 むかつくのは
 ヤツらが盗った オレの曲まで 放送禁止扱いになったことだ!

 オレが 心血注いで作った曲なのに!
 ヤツらのせいで 汚いモノみたいに扱われて!!
 
 だから

 こっちで
 ヤツらに再会したときに 決意した。

 最初から こいつらに オレの曲を渡してやろう。

 ちゃんと オレの曲だと明らかにできる形で。

 そうすれば
 万が一 こいつらが『向こう』と同じ過ち冒して 追放されたとしても

 曲だけは
 オレのものとして 生き残るはずだから…。

「…不破…さん」

「はい?」

「…どうして…バネは 伸び縮みするか…ご存じです…か?」

「…は?」

 な、なに 突拍子もないこと 言い出すんだコイツ!

 ま、まさか!
 もう ヤクに手を出してるんじゃないだろうな!?

「螺旋状にねじまげたモノは…」

 どこか
 遠いところを 見つめながら ヤツがつぶやく

「…え???」

「ねじ曲げられて 押し込まれた分…元に戻ろうとする力が…その反動が 大きいんです」

 !?

 な
 なにを

 なにを言ってるんだ!?コイツは!!



 
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№97(レイノ)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№99(京子)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№97(レイノ)】へ
  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№99(京子)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。