スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!!」№104(Y尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!!」№106(蓮)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№104(Y尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№106(蓮)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スパイラル・スキップ・ビート!

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№105(尚)

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!!」№104(Y尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!!」№106(蓮)



「…どうして そんな…大事なこと 私なんか…に」

「他に 誰がいる。オレとキョーコ 両方に信頼されてる 唯一の人だ。」

「…不破さん…」

「でも…その言い方だと 信じてくれるんだな?こんな とっぴょうしもない話」

「ええ。だって そう思えば すんなり 納得しますもの!
(どうりで 変だと思ったのよ!
 この私ともあろうものが 16歳のガキなんかに ときめいたりするなんて!!)


「ん?何か言ったか?」

「いえ。別に」

 にっこり
 島さんが微笑んだ。

「でも、どうして そんなこと いまさら?生涯、秘密になさっておきたかったのでは?」

「そのつもりだったが…」




「未来に戻るかもしれない…!?」

「そして 入れ替わりに 過去の…16歳のオレが かえってくる…かも…しれない」

「そ、そんな!あ、あなたが…いなくなってしまうなんて!!」

「オレだって 帰りたくはない!なんとしても、ここにしがみついていたいさ!!」

「…不破さん…」

「…だが…どういうメカニズムで オレがここに来たのか わからない以上…」

「…!」

「万全の手を打っておく必要がある!」

「……と いいますと?」

「過去の…16歳のオレが 帰ってきたら…キョーコを『そいつ』から 引き離してくれ。すぐに!」

「は?」

「自分で言うのもなんだが…」

 いや…
 自分だから 言えるんだが…
 
「『そいつ』は 人の心もわからない 傲岸不遜 唯我独尊のひどいヤツで
 …キョーコを いいように利用して 虫けらのように扱ってる。」


「はぁ!?」

 島さんが すっとんきょうな叫び声をあげる。

「だ、だって 若いころの…『あなた』なんでしょう?!」
 
「オレが 今の『オレ』になったのは…。」

 ぐっ
 固めたにぎりこぶしが 震えてくる

「17歳で 初めてキョーコへの想いを自覚して…18歳で…失恋の苦み 味わったから…だ。」

「…っ」

「16歳のオレは 本当に ガキで…。」

「なるほど。」

 島さんの目が きらりと光った。
 
「『そいつ』が、帰ってきたら キョーコちゃんのこと ひどい目にあわせそうなんですね。」

「…ああ…だから…」

「わかりました!
 万が一 未来から『そいつ』が 戻ってきたら 即、キョーコちゃん 連れ出します!」

「頼む。念のため ポケットマネーで 他のマンションの1室 購入した。これ、住所と鍵だ。」

「用意周到ですのね…!」

「無駄になってくれたら 一番なんだが」

「でも、どうやって 私に『そいつ』が 見分けられるんでしょう?外見は、同じなのでしょう?」

「たぶん すぐわかる。」

「…???なぜでしょう?」

「『ヤツ』は、グラマー美女に目がないんでね。島さん見たら 即 モーションかけてくるさ。」

「……。(そのへんは 入れ替わってくれててよかったのに…)

「島さん?」

「いえ…わかりました!あ、あら でも 一緒に寝てる最中に 入れ替わったら…」

「そう思って…キョーコ説き伏せて 自分の部屋に寝かせてる。内鍵もかけさせて」

 さんざん べそかかれてしまったが…!

「…不破さん…」

 すっと 島さんがオレのこぶしに 手を重ねてきた。

「大丈夫。絶対 大丈夫ですよ。」

「島さん?」

「未来に行った『不破君』は、きっと 向こうの生活エンジョイしてます。
 地位 財産 名誉、全部そろっている上に…」

 いたずらっぽく 島さんがウィンクする。

「あなた きっと 向こうで ひっきりなしに 女性に誘われてたでしょ?」

「な…なんで 知って…」

 一度も 応じたことはなかったが!

「ずいぶん手馴れてましたもの…『断り方』が!」

「っ!」

「あなたが 未来に戻りたいと思い 不破君が過去に帰りたいと思う。
 二人の気持ちが重なりでもしない限り 絶対 状況は 変わらないはずですわ!!」

「お、思うわけない!オレは なんとしても!!」

「ええ!だから この半年 何もなかったでしょ?大丈夫!大丈夫ですよ!!」

「…島…さ…ん!」

「な、泣かないでくださいな!私が いじめてるみたいじゃないですか!不破さんってば!!」
 
 
 
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№104(Y尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№106(蓮)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№104(Y尚)】へ
  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№106(蓮)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。