スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!!」№161(尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!!」№163(尚)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№161(尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№163(尚)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スパイラル・スキップ・ビート!

「スパイラル・スキップ・ビート!!」№162(レイノ)

 ←「スパイラル・スキップ・ビート!!」№161(尚) →「スパイラル・スキップ・ビート!!」№163(尚)



「…すみません…。もしかして 言わないほうが…」

「…いや…ありがとう…。聞かせてくれて…」

 そういいながらも 不破さんの手が かすかに震えている。

「それにしても…動画まで 送れるとは たいした能力ですね、レイノさん」

「俺は 単に 媒体になって 道つなげてるだけです。たいしたことじゃないです」

「向こうの…動画を…こっちにとか…は」

「すみません 向こうの俺は 不摂生がたたってるのか いささか 精神力が 弱いようで」

 霊能力があるから
 俺には 薬物から立ち上る 死の影が はっきり見えてしまう

 向こうの俺も そうだったようで
 仲間に勧められても 断固として ヤクには 手を出さなかったらしい

 そのかわり
 アルコールには 際限なく おぼれたようで
 そこが 向こうの俺の精神力の弱さにつながってる

「静止画 送ってくるのが やっとでした」

 すっと カラー画像を差し出した

 不破さんの両親

 どちらも もうすぐ60という年齢らしい

 父親は すっかり白髪になったじいさんだが
 母親のほうは 40代くらいにしかみえない なかなかの美人だ

「…老けた…な」

 ぽつり
 不破さんが つぶやいた

「無理しやがって…!」

「…え?」

「こんな…みえすいた笑顔なんて…つく…って…」

 ……。

 うつむいたまま 不破さんは 顔を上げない

 その肩が 震えている

「失礼します…仕事があるので」

「え…え」

 ようやく

 不破さんが 顔をあげた

「レイノさん 本当に ありがとうございました」

 さっと 立ち上がって 俺に頭を下げる

 おだやかな微笑を浮かべながら…

「…いえ…では」

 ドアを閉めて ためいきをつく

 …無理…しやがって!  

 作るなよ!
 そんな みえみえの笑顔なんか…!


スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№161(尚)】へ  【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№163(尚)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№161(尚)】へ
  • 【「スパイラル・スキップ・ビート!!」№163(尚)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。