スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←№171 『闇に咲く花』【7】(side:セリカ) →№173 『闇に咲く花』【9】(side:セリカ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【№171 『闇に咲く花』【7】(side:セリカ)】へ  【№173 『闇に咲く花』【9】(side:セリカ)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

スパイラル・スキップ・ビート!

№172 『闇に咲く花』【8】(side:忠志)

 ←№171 『闇に咲く花』【7】(side:セリカ) →№173 『闇に咲く花』【9】(side:セリカ)

  女子高生名探偵 セリカ 闇に咲く花 【8】(side:忠志) 

       監督   緒方 啓文

       吉野せりか…京子

       北條 忠志…敦賀 蓮
 
       北條 沙織…琴南奏江 

       北條 寛志…貴島秀人


「最初に 疑問に思ったのは ししおどしなんです」

「…ししおどし…?」

「あの カッコーンて音 昼 聞く分には 清涼感があっていいでしょうが…夜寝るときは うるさいと思いません?」

「き、気にしなかったわ もう 慣れっこだし」

「気にならなかったの 当然です」

「…え?」

「ここの ししおどし 18時から 翌朝6時まで 音が鳴らないしかけになってますから」

「…しかけ…?」

「北條夫人 ここの敷地…と いいますか この山全体 北條家の所有なのでしょう?」

「…え、ええ 先祖代々…ね」

「とても 広大な敷地ですよね」

「まぁ…ね。でも、おかげで 相続税が大変で…!
 12年前 義父が亡くなったときには…危うく 切り売りしなきゃならない羽目に なるとこだったの!」

「そこを 孝子さんのご実家に 救われたんですね!」

「…まあ…ね」

 しぶしぶという表情で 母がうなづく。

「でも…じゃあ ご主人が亡くなられたときは また 相続税が…大変だったのでは…?」

「いや いま うちの経済状態は 好転しててね。今回は 独力で乗り切られたんだ」

 母に代わって説明する。

「それは、よかったですね!」
 
「ああ ありがとう…ところで…さっきの話…」

「はい!この広大な敷地 昔の城跡だったと思うんです!」

「「「城!?」」」

「驚くことですか?だって こちら様は 元華族でしょう?
 世が世なら お殿様だったっとしても 不思議でもなんでもないです!」


「そ、そう…だね…。えーっと だとしても ししおどしの仕掛けと どう関係が…」

「さっき 蛍がいた池は この堀から流れてくる水をためる仕組みになってました!」

「…え」

「しかも 階段状に そうですね 棚田みたいに 上の池があふれたら 下に流れるような設計で…」

「え?え?」

「その水は 流れ流れて 本宅の和風庭園の小川に…そして ししおどしに つながってました!!」

「だ、だから?」

「全部ひっくるめて 大掛かりな水時計になっているんですよ。18時から6時には ししおどしを鳴らさない設計にね。
 たぶん 城があったときには 鐘とかも連動させて 時を告げる仕組みもあったんじゃないでしょうか」


「じゃ、じゃあ…堀の水が枯れるのは…」

「もっと上のほうにも 調節する水路があって…この堀には 22時から0時まで 水が来ない状態に…あった!!」

「っ!?な、なにが!?」

「これです!」

 みんなが 芹香嬢の手元をのぞきこむ。

 堀の底のほう 丸いハンドルのような鉄の輪
 わざと くびらせてある石垣のかげで 上から覗き込んだだけでは まず 見えない位置だ

「寛志さん!」

「は、はい?」

「ひっぱってください!お父様があなたの手をとって なさったとおりに!」

「わ、わかった!」

 言われるがまま 兄が鉄の輪にとりつく。

 ぞく!

 寒い
 背筋が 寒い!

 なんなんだ!? この娘はっ!!

 水時計だと!?しし脅しの仕掛けだと!?

 たった1日で
 数十年 ここに暮らしていた者が 気づかなかったことを あっさりと!

 学問の最高学府…と 言われるところで学んで
 数々の研究者 学者たちと 出会う機会があったが…

 こんな
 こんな恐るべき知恵者

 いまだかつて 出会ったことがない!!








 
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【№171 『闇に咲く花』【7】(side:セリカ)】へ  【№173 『闇に咲く花』【9】(side:セリカ)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【№171 『闇に咲く花』【7】(side:セリカ)】へ
  • 【№173 『闇に咲く花』【9】(side:セリカ)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。