スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←冬木立(side:K)【降らずの雨 №11】 →冬篭もり(side:S)【降らずの雨 №13】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【冬木立(side:K)【降らずの雨 №11】】へ  【冬篭もり(side:S)【降らずの雨 №13】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「アナザー・スキップ・スキップ・ビート!」
降らずの雨

冬木立(side:R)【降らずの雨 №12】

 ←冬木立(side:K)【降らずの雨 №11】 →冬篭もり(side:S)【降らずの雨 №13】
 ほほに熱く流れるものを感じて

 自分が
 みっともなく泣いているのだと分かる

 なぜだ

 どうして

 どうしてっっ

 あの子を あきらめなきゃ ならないんだ!

 どうして!!

 どうしてっっ!!

 人目を避けて 非常階段の踊り場に出て
 もはや 虚勢さえ張れず その場に座り込む

「い、生きててくれて よかった!ホントに…!」

 あまりのいとおしさに 耐えられない!!

 さらっていきたい!このまま!!
 奪って 連れ去ってしまいたい!!このまま!!

 かつんかつん…
 非常階段を上ってくる足音がする。

「…久遠…」

「…父…さん…」

 『もう一人の子ども』最上さんの危機を知ってかけつけた…クー・ヒズリ…。

 今は…俺の側に べったりついている。

 よほど
 危なく…見えるのだろう

「さあ、帰ろう…。」

 俺の前にかがんで話しかけてくる。

「どこに…ですか…。」

 帰っても…最上さんはいない…。

 もう…帰ってこない。

 二度と 帰っては…。

「…俺達…の家だ。橘の実が、実ってるぞ。母さんが…暖炉に火を入れて待ってる。」

 幼い頃…暮らしていた…京都の家。

「…帰ろう 久遠…な?」

「…俺が…」

「…え?」

「俺が 大切にするはず…だったんだ…。」

「…ああ…。」

「俺が 幸せにするはずだったんだ…!」

「…ああ…。」

「俺が…他の…誰より…!!」

「ああ。」

「…なのに…どうして…。」

 どうして…!

「久遠…。」

 親父が そっと肩に手をかけた。

「良かったな…。」

「…え?」

「そんなに大切な子が…生きていてくれて…。」

「…父さ…ん?」

「不破君がいなければ 今頃 彼女は…どうなってたかな。」

「…っ!」

「彼には感謝しないとな。命がけで守ってくれたんだ。私たちの宝物を…。」

「父…さん」

「…聞けば 真っ先に彼女の身を案じたそうだな。自分は 失明したってのに…。」

 …!

「いい男だ。彼だって 彼女を幸せにするさ、きっと。」

「お。俺の方が!」

「久遠」親父の声が 厳しくとがる。

「自分のものにならないなら…いっそ…死んでくれてた方が良かったと思うのか?」

 なっ!!

「思うわけない!!」

 見損なわないでくれ!

「ああ。うれしいよ。それでこそ 我が息子だ。私の自慢の…。」

「父さん…。」

「愛すればいい 存分に。誰もそれを止めはしない。遠くから そっと見守る。
そんな愛し方だって ある。」

 じんわりと父の手の暖かさが 肩から体にしみとおってくる。

 わかってる

 生きててくれて よかった。

 君が 生きててくれて 本当に…。

 わかってる

 アイツが救った…命がけで。

 わかってる わかってるんだ

 あきらめなくちゃいけない。

 でも

 胸が粉々に散っていきそうなんだ!

 目に映るもの全てが 色を失っていくんだ!

 あきらめなきゃならないと
 どれほど 自分に言い聞かせても!

 あきらめるしかないんだと
 
 どれほど
 自分を責めてみても!!
 
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【冬木立(side:K)【降らずの雨 №11】】へ  【冬篭もり(side:S)【降らずの雨 №13】】へ

~ Comment ~

;-;

ニャ~さま

 お優しいお言葉 
 誠に ありがとうございます m(_ _)m;

 哀しい想いをさせてしまって 申し訳ありません!
 ><;

(TT)

何度読んでもhttp://blog104.fc2.com/image/icon/i/F9D3.gif" alt="" width="12" height="12">します
クオンの気持ちに胸が苦しくなります
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【冬木立(side:K)【降らずの雨 №11】】へ
  • 【冬篭もり(side:S)【降らずの雨 №13】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。