スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←素の君に惑わされ【降らずの雨 №17】 →困らせてみる【降らずの雨№19】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【素の君に惑わされ【降らずの雨 №17】】へ  【困らせてみる【降らずの雨№19】 】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「アナザー・スキップ・スキップ・ビート!」
降らずの雨

オレンジの陽【降らずの雨 №18】

 ←素の君に惑わされ【降らずの雨 №17】 →困らせてみる【降らずの雨№19】
 目の裏がオレンジに染まる

 …朝…か。

 この目でも 光の濃淡は感じられるのは ありがたい

「ん…」

 胸の中に抱きしめていた 温かく柔らかい体が かすかにみじろぎする。

 …しまった!

 夕べも
 いつものように 独り寝のつもりだったから

 目覚まし代わりに カーテン開けっ放しだ!!

 5日前に受験を終えて すぐ(2度目の!)披露宴の準備で きっとクタクタだ。

 それ…に
 昨夜(… いや もう…今朝…?)の…あれ…は

 か、かなり その…負担…というか…疲れさせた…だろう。

 結婚特別休暇ってやつで

 今日からは
 7日も スケジュール空けてもらってる。

 ゆっくり…寝かせてやりたい

 そっと その柔らかい髪に口づける

「う…ん」

 かすかな薔薇の香りが 甘く鼻先をかすめる

「ん、んん?!」

 気がつけば
 またもキョーコに 深く口づけている自分がいた。

「ショ、ショー!あ、朝よ。ね!?も、もう 朝だから!!」

 やっと 完全に 目が覚めたらしい
 キョーコがオレの下で じたばたともがく。

 それを片手で封じて 枕元のカーテン操作スイッチを押した。

 がががーと音がして 目の裏に感じていた明かりが消える。

「ショ。ショー!」

 まだ 何か言いかけていた唇を 強引にふさぐ。

 さらに 深い口づけで。

「ショぉぉおお~。も、もっと休みましょうよ!よ、夜明け前に やっと寝たとこ…」

「悪いが」

 キスの合間をぬって おずおずと抗議する声を ばっさりと切る。

「なんせ オレは 12日間も 初夜 待ちぼうけ食らわされた 哀れな花婿だからな。」

「うっ!」

「多少…我慢できなくても 仕方ないだろ?ん?」

「~~!!」

 ついに黙ってしまったキョーコをだきしめて その体のあちこちに口づける。

 敏感に反応する その柔らかい肌

 残念だ
 その表情を見られないのが

Blue Bird


「は?ディナーをキャンセル?」

 電話の向こうで おふくろが きょとんとしている。

「ああ。悪いけど。社長や祥子さんに よろしく!ついでに親父にも」

「あ、あんたらの夕食は!」

「ちゃんととる…ルームサービスで」

「…ショー…まさか…」

 う”…!

 み、見抜かれたか!?

「…おめでとう…ようやっと…なんやな…。」

 …?!

「お、おふくろ?」

「…よかった…ほんまに…よかった!」

「…!」

 おふくろの声が…なみだにくれている!

「…知って…」

 オレ達が
 まだ 夫婦になってなかったこと…

 『昨日』までは!

「あたりまえやろ?松!うちが何年 女やってる思うてるの!」

「…おふくろ…」

 知っていながら

 何も言わず
 キョーコにも 変わらず明るく優しく 接していた…のか…。

「…ええ子や…ほんまに 京子ちゃんは ええ子や。ちゃんと アンタの真心 受け取ってくれて…!」

「…ああ…」

「とはいえ」

 ?

 いきなり おふくろの声の調子が変わる。

「まさか思うけど 朝から ごはんも食べさせんと ずーっと 京子ちゃん ベッドから出さへん
…なんちゅう あほなマネは しとらへんわな?いくらなんでも。」

 ぐっ!

 か、隠しカメラでも 仕込んでるのか!?

「…松!!」

「は、はい!」

「あんたは!あんたは!!なんちゅう あさましいマネを!!
もう7時やで!?夕方の!!

「い、今から ルームサービスで 注文…」

「うちがしときます!!もう 今日は これ以上 あきまへんえ?!ちゃんと 休ませてあげなはれ!」

「ちょ…っ!」

 ぶっと 電話が切れた。

 はぁ

「やーい 怒られた…」

「…起きてたのか。」

「最後のひとことで…ね。すごい声だったもの…女将さ…お義母さん。」

 くすくすと からかうような声が 後半で突然くぐもった。

「ど、どうしよう!ばれてる!こ、この半日 ずっと…だったってこと…!」

 今にも 泣き出しそうな声だ。

「も、もう…!恥ずかしくて お、お義母さんの顔が 見られない!」

 手探りで携帯をホルダーに収め もう一度キョーコを ベッドに押し倒した。

「…!?ショ、ショー!?」

「どうせばれてるなら キリよく 半日を1日にしてしまえばいい。」

「お。お義母様が!…きょ、今日は、もう 休ませろっておっしゃってたでしょう!?」

「言ってたか?そんなこと」

「しょおぉおおおおおー!!!」

 往生際悪く もがく体を押さえつけて 抱きしめる。

 …足りない…

 全然 足りない!

 12日間…どころじゃない!

 どれほど おまえを想ってきたか!

 自分の想いを 自覚して 1年半

 待ち望んできたんだ おまえを! 

 おまえだけを!!

  
イラスト「青い鳥」(「Heaven’s Garden」様より)
画像


お題提供「恋したくなる お題配布」様
恋したくなるお題配布bana2


スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【素の君に惑わされ【降らずの雨 №17】】へ  【困らせてみる【降らずの雨№19】 】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【素の君に惑わされ【降らずの雨 №17】】へ
  • 【困らせてみる【降らずの雨№19】 】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。