スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←決心 【降らずの雨】-最終回- →№33(side:京子)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【決心 【降らずの雨】-最終回-】へ  【№33(side:京子)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

アナザー・スキップ・スキップ・ビート!

№32(side:尚)

 ←決心 【降らずの雨】-最終回- →№33(side:京子)
 ぴーぴーぴー

 ホテルの一室
 今日の予定を終えて 一息ついてたとこに

 最優先緊急コール?!

 あわてて電話を取る

「不破様!奥様が!奥様の足取りが途切れました!」

 即 切羽詰った声が響いた。

 なっ!?

「今日は いつものエステに行ってるはずだろ?!」

「そ、そこの閉店時間になっても お姿を見せなくて!」

「携帯のGPは!!」

「閉店直後、5番街方面へ移動して…いくのを おいかけたら…。」

 無念そうな声がにじむ。

「…携帯だけが…無関係の他のお客様のお車に はりつけられ…」

 …!

「サロンに入るのは…見たんだろ?!」

「は、はい!…サロンの者に 問いただしましたら フェイシャルの施術のみで 1時間で終えられ
…お帰りになったそうで…。」

「予約は…朝10時だったな…。」

 11時には そこを出た。

 …今は もう 7時だ!夕方の!!

「も、申し訳ありません!携帯のGPが動かないので!
 てっきり まだ サロンで ゆったりお過ごしなのだと!」

 エステだけでなく…
 スポーツジムやプールやビデオルーム、レストランも備えた 一流サロン…

 なかなか 出てこなくても 不審には 思うまい…!

「とりあえず サロンの店員に…話を…詳しく聞いておいてくれ…。」

 なにか 手がかりになりそうなことが あるかもしれない…!

「はい!1名、店に待機させてますので!すぐに!」

「こっちも、手を尽くす!だが そちらのほうでも…。」

「は、はい!わが社の面子にかけて!社員一同に 総動員かけて お探し申します!!」

 なかんばかりの声で 電話が切れる。

 即 キョーコの携帯に かけてみる。

 コール音…だけが 響く。

 …コール音…だけ!?

 おかしい!

 律儀なキョーコは
 必ず 留守電セットして 日英の言葉でメッセージ吹き込んでる!
  
 いったん切って 再度 ボディガードの携帯に 電話した。

「はい!不破様!何か?!」

「そこにキョーコの携帯あるな?今、鳴ったか?」

「はい!3回だけコールして 切れました!」

 …3回…?!

 10回は 鳴らしたのに!

「…その携帯 すぐ ここに。」

「はい 5分もあれば つきます!」そう答えるのを確認して 切る。

 …転送機能にしている…。

 他に 携帯がある…!

 もう 一台!

 …キョーコは そんな無駄なものに 金は使わない!

 誰かが キョーコに…。
 
 今
 ここで

 キョーコに そんなもの 買い与えそうなのは…!

 あいつしかない!!

 電話帳データをスクロールして目当ての相手を呼び出す!

「…はい。宝田でございます。」

「不破尚です。社長を!」

「申し訳ありません。あいにくでございますが 社長は 今 大変重要な…」

「キョーコの命にかかわることです!」

 即
 電話が切り替わった。

「京子君が どうしたって!?」

 筋金入りの変人だが
 京子に関しては 親ばかそのものだ あいかわらず!

「教えていただきたいことがあるんです!」

          花宵

「…私からも かけてみたが…蓮…いや 久遠の携帯は 留守電になってる…。」

「当然 GP内臓でしょう?場所はどこです!」

「ニューヨークの事務所だ。社員に確認させたら…無人で…携帯だけ おきっぱなしだったそう…だ。」

「…そんな うっかりなヤツですか!?あいつは…!」

「…携帯は…あいつには 必需品…離すはずが ない…。」

「スケジュールは?!」

「今日から 1週間 オフをとってる…かなり 強引に 詰めたらしい…。」

「ヤツの自宅の住所と電話番号を!」

「アメリカ近辺だけで 別荘も合わせれば 12軒もあるんだ…メールで 送らせてもらう…よ…。」

 じゅ…12!?

 絶句している間に 電話が切れた。

 ほどなく
 メールが送られてきた。

 マンハッタン ボストン フロリダ カナダ メキシコ…

 くそ!
 金にあかせて あちこちに! 

 一つ一つ しらみつぶしに いくしかないのか?!

 ― ぴんぽーん ―

「失礼します!警備会社の者です!」インターフォンが 恐縮しきった声で叫んだ。



 イラスト「花宵」(「Heaven’s Garden」様より)

link-bn-g4.jpg

スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【決心 【降らずの雨】-最終回-】へ  【№33(side:京子)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【決心 【降らずの雨】-最終回-】へ
  • 【№33(side:京子)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。