スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←№50(side:京子)君が残した忘れ物 →№52(side:尚)さよならの場所で
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【№50(side:京子)君が残した忘れ物】へ  【№52(side:尚)さよならの場所で】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

アナザー・スキップ・スキップ・ビート!

№51(side:久遠)さよならの場所で

 ←№50(side:京子)君が残した忘れ物 →№52(side:尚)さよならの場所で
 ― 信じられない! ―

 澄んだつぶらな瞳が 大きく開いて俺を見つめる。

 やがて
 ゆっくりと 閉じられていった…。

 と
 同時に

 がっくりと 俺の腕の中に倒れこむ。

 …。

 くそ!

 携帯電話まで隠したら いくらなんでも不自然だし
 俺に 貸してほしいといわれたら 断るのも変だし…と

 持たせたままだったのが まずかった!

 あの別荘なら
 館内全部に妨害電波はってたのに!

 かといって
 この狭い艦内
 繊細な機器だらけのこんなところで

 妨害電波なんかはったら たちまち海で迷子だ!

 頼りない彼女の重み しっかり抱きしめながら 必死に今後のことを考える。

 やつらが追いついてこないうちに 逃げ延びなくては!

 ヘリが常備してある 近場の別荘にすべりこんで そこから…!!

「ん…」

 …!

 最上さん…

 ごめん

 こんな
 荒っぽいまねしたくはなかったんだ。

 クロロフォルムかがせて気絶させるなんて 

 もう
 どんな言い訳も 嘘も ごまかしも きかない

 彼女が
 次に 眼を覚ました時には

 どんな眼で 俺を見るのだろう 

 そっと そのほほをなでる。
 唇に触れる。そのやわらかい感触。

    コノママ ジブンノモノニ シテシマエ

 指先が 震えてくる。

    メヲサマシタラ コンドコソ オワリダ

 のどが ひどく渇く

    モウ センパイトサエ ミテハ モラエナイゾ

 そうだ!

 もう
 
 他に どうしょうもない!

 さっと その体を抱き上げる。

 できれば
 心ごと ほしかった…が。

 いざとなったら しばりつけて とじこめてでも…!

  ― My Pretty Angel~♪ ― 

 !!
 
 彼女の携帯!

 この着メロ…は
 …奏音ちゃん…!!

― My little angel~♪ You&Your mama is my… 

  【可愛い天使よ 小さな天使よ 君と君のママは 俺の宝物
  この世界のどんなものとだって 換えられない。】


 15年前のクリスマス
 彼らの間に 生まれた 最初の子ども

 その子の誕生を記念して
 ヤツがつくった歌…『 My little angel 』

 流れ続けている…とぎれずに…。

 何度も何度も サビの部分を繰り返し

 奏音ちゃん…
 電話のむこうには 君がいるんだね

 着メロはやまない いつまでも

 電話してるんだ…最上さんに 
 きっと 泣きそうな顔で…必死に…

 ずっと連絡が取れない

 大事な大事な

 母親に!!!

 ほほに熱いものが 流れる

 奪えない

 許されない

 あいつから
 彼女を奪うことには なんのためらいもないが

 できない!

 あの子から 母親を 奪うことは!!    

 どうしてもできない!

 絶対に…!!

promise land



「久遠…!」

「キョーコ!キョーコ!!」

 悲痛な父の声。

 …を 追い抜いて ヤツの叫び声。
 まっさきに ヤツが 俺の腕の中にいる彼女にすがりついた。

「とりあえず…、京子君は、ここの別荘の寝室で休ませよう。」

 宝田社長の重い声…。

「…遠藤。頼む」

「はい。」

 父の短い指示に 遠藤さんが さっと俺に近寄ってきた。

「触るな!」

 その遠藤さんを制して、不破が俺の腕から 彼女をもぎとる。

「キョーコ…!」

 いとおしそうに抱きしめて ほおずりしている。

 …泣きながら…。

「不破様。京子様を…」

「…来るな!!」

 遠藤さんの気遣う声に ヤツがかみつく。

「お前らのテリトリーなんかに これ以上 キョーコ置いておけるか!」

 ぎゅっと強く彼女を抱きしめて、俺たちをにらみつける。

「三崎さん!」

「は!」

「すぐヘリの用意だ!このくそいまいましい島から 出よう!さっさと!!」

「はい!」

 ボディガード達らしい一団が てきぱきと無線片手に動く。

「不破…」

「…二度と…」

 ヤツは 俺を見ない。

「二度と キョーコに近づくな!!」

 振り返りもせず 言い放った。 

「…疑わない…のか?」

 ぴたっと
 歩き始めたやつの足が止まる。

「この3日間…俺…が…」

「…おまえ…が…」

 苦々しい声でつぶやく。

「おまえがその程度のヤツだったら!俺は あんなに長く苦しまなかった!!結婚した当初…!」

 …え?

 あまりに小さな声で 聴こえない。

「そうなってたなら…おまえは この島に引き返したりしなかったはずだからな!!」

 最後まで 俺の顔をみないままヤツは去っていった。

 彼女を 大切に抱きかかえたまま

 お題提供「恋したくなる お題配布」様より
「忘 れられない君へのお題」
恋したくなるお題配布bana2
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png アナザー・スキップ・スキップ・ビート!
もくじ  3kaku_s_L.png メッセージ
【№50(side:京子)君が残した忘れ物】へ  【№52(side:尚)さよならの場所で】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【№50(side:京子)君が残した忘れ物】へ
  • 【№52(side:尚)さよならの場所で】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。